FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜嫌いの子どもでも美味しく飲める青汁です

小学4年生の娘がいる、35歳の女性です。

我が家の娘は、野菜が苦手です。


本人は頑張って食べていても、実際の摂取量は微々たるものなので、これから成長期を迎えるのにあたり、成長に必要な栄養が不足してしまうのではないかという心配がありました。



また私自身も、娘が小学校に上がったころから在宅で仕事を始めたのですが、日中、仕事をしていると、ゆっくりと食事を摂る余裕がなく、つい昼食を抜いてしまったり、パンなどの炭水化物のみの食品で済ませてしまったりと自分自身の栄養面の偏りも同時に気になっていました。



そこで、娘と私、2人で一緒に摂取できるような栄養補助食品をさがしていたところ、見つけたのが伊藤園の「毎日1杯の青汁」でした。

http://www.itoen.co.jp/aojiru/



この青汁は、近所のスーパーで見つけたものなのですが、売り場のPOPに「お子さまにもおすすめ」との記述があったのでその言葉に惹かれて、まずは試しに200mlサイズのものを、私と娘の分を1本ずつ購入してみました。



娘と一緒に飲んでみたところ、青汁とは思えない、まるで抹茶ミルクを飲んでいるようなとても美味しい味だったので、本当に驚かされました。



何も知らされずに飲んだのなら、完全に抹茶ミルクだと思ってしまうのではないかと思うほど青汁にありがちな、えぐみや苦味を一切感じなかったのです。


娘も「美味しい」と言い、200mlを一気に飲み切ってしまいました。



それから「毎日一杯の青汁」を、欠かさずに購入しています。


今では大容量サイズの1Lのパックを常にストックするようにしていて、好きなときにいつでも飲めるようにしています。

私は仕事の合間や、昼食代わりに飲むことが多いです。



美味しい青汁なので、私がわざわざ「飲みなさい」と言わなくても娘は、冷蔵庫から取り出して自分から飲んでくれます。


学校から帰ってきたときに、おやつと一緒に飲んでいたり、お風呂上りに飲んでいたりと、青汁を飲むことが、もはや日常となっています。


大手のスーパーやコンビニなら、大体のお店で取り扱っているので入手が容易であることも、この商品の良いポイントだと思います。



私は、日常の買い物のついでにスーパーで購入することが多いです。


自宅で過ごしている時だけではなく、実家に帰省している最中や宿泊を伴う旅行の際にも、現地で手軽に購入できるので本当に助かっています。



青汁を毎日飲むようになってから、半年以上が経過していますが、私は、肌の調子が良くなったし、飲んでからは1度も風邪をひきませんでした。


娘は、それまでによくできていた口内炎が全くできなくなったし、疲れにくくなったそうで、毎日元気に活動できるようになったようです。

このことから、青汁の効果を感じています。

マイナスな点が見つからないほどです。





これから青汁を飲み始める方に、1つアドバイスをしたいのは「美味しいものを選んだほうが良い」ということです。


どんなに栄養的に優れていても、口に合わない味であれば、続けられないと思うし、飲むこと自体がストレスになってしまうと感じます。

青汁は、毎日続けることで効果を感じることができると思うので、美味しいと思える製品を選べば、わざわざ「飲む努力」をしなくとも、自然と毎日、飲み続けられて、青汁の効果が最大限に発揮されるように思います。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。